「アイ デンタルクリニック」の院長、庵原英晃のインタビュー

??「アイ デンタルクリニック」の医院コンセプトをお聞かせください。

医師主体の歯科医療ではなく、患者様主体の歯科医療を行っています。患者様のご要望をしっかりお伺いしたうえで検査や診察を行い、そのうえで病状やどんな治療が必要なのかをご説明し、患者様にきちんとご理解いただいたうえで治療をはじめます。また、考えられる治療方法が複数ある場合には、すべて詳しくお話しし、患者様自身で選んでいただけるようにしています。ご自分のお口のことですから「専門的なことだから」と思わずに、わからないことがあればどんどん聞いていただきたいですね。

??「患者様主体の歯科医療」を大切にされているのですね。他に大切にされていることはありますか?

私は歯周病専門医であり、歯周病治療に重点をおいた治療を行っています。歯周病治療はすべての治療の基本(基礎)です。ですから、それなりに時間がかかってしまうことをまずご了承いただきたく思っています。

土台がしっかりしていないといくら良い家を建てても地震で倒れてしまうように、歯の土台となる歯根や歯を支えている骨(歯周組織)がしっかりしていなければ、歯はまだ使えるのに抜けてしまいます。高価できれいな冠を被せても長持ちしません。歯の基礎である土台がしっかりしていないと治療を繰り返すことにもなってしまうのです。

すべての治療に通ずる歯周病治療を専門だからこそ、単に虫歯の切削や歯並びの改善といった局所的な治療にとどまらず、お口全体の健康を考えた包括的な治療が行えるものと考えています。

??最後にホームページをご覧になっている方に一言。

歯科治療は「虫歯を削ったら終わり」「痛みがなくなったら終わり」というものではありません。治療後の健康な口内環境をいかに守っていくかが非常に重要なのです。治療後も定期的に検診や歯のクリーニングにお越しいただくことで、歯の寿命をのばしお口の健康を守っていくことができます。歯科医院は「病気の治療に行く場所」ではなく「健康な口内環境を保つ場所」だとお考えください。

患者様と歯科医師は歯の健康を守るパートナーです。長いお付き合いになるわけですから、当院は気軽になんでもご相談いただける「街の歯医者」でありたいと思っています。お口にお悩みをお持ちでしたら、いつでもお気軽にご相談ください。