見た目と機能を取り戻すために-入れ歯治療-

歯を失った場合に咬む機能を取り戻す治療法として、もっともポピュラーなのが「入れ歯治療」です。手術の必要がなく短期間で取りつけられること、保険適用のものは安価であることから、多くの方に選ばれています。従来の入れ歯は見た目や機能性などに問題がありましたが、現在では見た目も機能性も優れた入れ歯が数多く登場しています。

アイ デンタルクリニックでは、保険・自費治療を問わず患者さんのお口の状態やご予算に合わせて、お口にぴったり合う入れ歯をご提供しています。

保険治療と自費治療の入れ歯の違い

入れ歯には、保険治療のものと自費治療のものがあります。保険治療の入れ歯は、比較的安価に作れますが、使用できる素材はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられており、咬み心地や見た目に問題が生じる場合があります。一方、自費治療の入れ歯は、保険が適用できないため高額になるものの使用できる素材は幅広く、咬み心地も見た目も優れた入れ歯を作ることができます。

  保険治療の入れ歯 自費治療の入れ歯
費用 安価 高額
素材・構造 素材はレジンのみで、構造も簡易 素材・構造ともに選択肢が多い
見た目 入れ歯だということがわかりやすい 自然で入れ歯だと気づかれにくい
装着感 違和感がでる場合がある 違和感が少ない
咬み心地 固い物が咬みにくい 自然な咬み心地

当院では、歯を失ってしまった方に、入れ歯、インプラント、ブリッジによる治療を行っています。患者様のお口の状態やご予算に合った治療方法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療